初代(通称)桂春団治

明治11年(1878)-昭和9年(1934)

大阪市南区生まれ。明治28年(1895)初代桂文我に入門。桂我都から春団治を襲名。春団治は前にもいたが、この春団治の名があまりにも大きくなったため、今では初代となっている。おびただしい数のSPレコードを残しているが、わずか数分の、しかも雑音だらけの不明瞭な音声ながら、今でも十分に笑えるのは驚きである。二代目桂三木助は、この春団治の対極の存在として活躍したのである。春団治の死によって上方落語界は文字通り火が消えたようになった。