安藤鶴夫

明治41年(1908)-昭和44年(1969)

本名花島鶴夫 義太夫語りの八世竹本都太夫の長男として生まれた。通称アンツル。寄席芸を好み、下町の道筋と人情を愛した。戦後の寄席芸能評論では正岡容と並ぶ存在。桂文楽、桂三木助を「名人」にしたのはアンツルだ、という皮肉な見方もある。「巷談本牧亭」「落語紳士録」。永六輔はある意味でアンツルの弟子。桂米朝を東京で最初に評価した評論家としても記録されるべきだ。