立川三木助

桂、林家など上方と江戸で共通の亭号はいくつかある。それらは歴史をたどればみんな同じ始祖をもち、“親戚”関係にあるが、立川だけは東西で類縁関係は無いようだ。上方の立川は幕末には消滅している。故香川登志緒は「東京のは『たてかわ』やけど、上方は『たちかわ』と読んだと思うねん。戦前の立川文庫(たちかわぶんこ)と同じやったんちがうかな」と言っていた。