前座

東京落語では落語家は入門すると前座になる。落語家の階級の最下位であり、相撲の序二段、序の口にたとえられるが、実は東京に数百人いる落語家の70%以上が真打であり、前座は常に十数人に過ぎない。