あの場所へかえろう
川の学校
slow&sweet

第2期吉野川・川ガキ養成講座

「和の学校」トップへ

第2回目

講師紹介

7月20日
到着 川遊び
ばんごはん 夜話


7月21日
早明浦ダム ロッククライミング
野点 川遊び


7月22日
ラフティング 川遊び


みんなの日記

川が暮らしの場であったころ そこにはこどもたちの姿がありました。
ゲームもパソコンもなくったって 川には楽しみがあふれていました。
人も川の姿も変わってしまったかに見えるけれど 
いいえ、ホントはそうじゃない。
川は流れ続け、人は自然に癒され続けている。

たくましくかがやいて川で遊ぶ子 人と自然をココロとカラダで感じる子 
それが川ガキ。
21世紀の川ガキを育てたい。
かつて川ガキだったおとなたちの願いが 
川の学校を誕生させました。

こどもたちよ かえっておいで あの場所に。
鳥も魚も木も花も そして君も友だちも みんな川に生かされている
川はそんな場所なんだから。

(「川の学校」ホームページより引用)


姫野雅義
川の学校」主催者
〜「川の学校」とは
吉野川 ホームページ
 
歴史や吉野川シンポジウム実行委員会のことがわかります。

2年前(2000年)、吉野川の第十堰にダムが建設される計画に対して、住民投票を行い、投票した90%以上の人が反対したことは、まだ記憶に新しいことと思います。
その中心となったのが姫野雅義さんが代表を勤めるの吉野川シンポジウム実行委員会。
川の学校」校長
その人達が「子供達に川の本当の美しさ、素晴らしさ、楽しさを知ってもらいたい」と思い、多くの方々に声をかけ、賛同を得て、この「川の学校」は2001年からスタートしたのです。

参加するのは、小学校新5年生から中学校新3年生までのこども30人で、すべての日程に参加でき、キャンプ生活のできる元気な子が対象です。

大人たちは全員がボランティア。 熱い思いを抱き、そして楽しみながら、この「川の学校」に参加しています。




〜「和の学校」の思い〜


「和の学校」では大切なものとして「文化」だけでなく、それがなければ文化も文明も育たなかった「自然」や「環境」のことも考えています。そしてそれを伝えて行くべき子供達のことも。

今回「和の学校」の講師の一人、辰野勇さんのご紹介で、その私達の思いと同じ 「川の学校」を取材することになりました。

自然と文化、まるで違う世界のもののように思われるかもしれませんが、その二つは支え合って存在しているのです。




「川の学校」第2期吉野川・川ガキ養成講座は豊かな自然のたっぷり残る日本屈指の大河・吉野川が教室。
その源流から河口まで、大きなフィールドで自由なキャンプ生活を行います。
カヌーイストであり作家である野田知佑さんを校長に、自然と大の仲良しのたくさんの達人や流域で暮らす方々を講師に迎え、キャンプ生活をともにしながら、川を総合的・体験的に学びます。
もちろんひたすら楽しみながら。



なにをするんだろう
1. 遊ぶ
川をまるごと楽しむ
校長も講師も地球レベルの自然の達人、川遊び自然遊びのココロと技をたっぷり教わります。
2. 学ぶ 川と人とのかかわりを知る
森から海へ、200kmの旅をする吉野川、その流域の方々から川と生きる知恵や楽しみを教わります。
3. 育つ キャンプで考え、感じ、働き、自ら育つ
こどもたちが自らキャンプ生活を作り上げてゆくそのプロセスを大切に、おとなは見守り、必要なときだけ手をさしのべます。
こどもたちが本来持っている豊かな力を引き出し、伸ばすサポートをします。
4. 解き放つ

時の流れを感じつつ、人にも自然にも自分にも、ゆるやかでいる。
30人という少人数で1年間、自由にのんびり活動します。
毎日の過剰な刺激や強制から解き放たれ、自分のペースを取り戻し、そこにいるひとたちとゆるやかにふれあえる時間となるように。
また自然への負荷を極力抑えることを全員でこころがけます。


講師陣
校長 野田知佑 (カヌーイスト・作家)

講師 



 

   

椎名誠(作家) C.W.ニコル(作家) 辰野勇(冒険家・登山家)
立松和平(作家) 藤門弘(アリスファーム主宰) 林政明(アウトドア料理人)
夢枕獏(作家) 熊谷栄三郎(ジャーナリスト) 矢田輝彦(吉野川の川漁師)
曽良寛武(野鳥の達人) 井口利枝子(干潟観察の達人) 佃正寿(森林たくみ塾主宰)

運営スタッフ
吉野川シンポジウム実行委員会 数々のイベントを企画・運営し、吉野川を楽しみつつ、そのすばらしさを世界に発信しつづけている。
自然スクールTOEC 自然の中での学びやゆるやかな人との関わりを通して、こどもたちのありのままの良さを引き出しサポートしている。
ボランティアスタッフ 川の学校の趣旨に賛同しこどもたちとともに学び遊び成長する意欲のあるボランティアスタッフを全国に向け公募。18〜25歳程度の男女。
4月〜開校までの間に、4回・8日間の事前研修を受け、キャンプカウンセリングを学んで臨む。

川の学校スケジュール
 
日  程
予定地
第1回
6月15日(土)〜16日(日)
吉野川河口
第2回
7月20日(土)〜22日(月)
吉野川上流
第3回
8月16日(金)〜18日(日)
吉野川支流
第4回
9月14日(土)〜16日(月)
吉野川下流
第5回
10月12日(土)〜14日(月)
吉野川下流

「和の学校」トップへ