●これをあげたい!
●エンプティの時間
●日本素描
●伊住政和 俳句帖
●淡交タイムス 一語一会

●暮しのギャラリー

●伊住政和校長のアルバム
日本人であることを思い出しでほしい
●著作物
伊住政和(茶名 宗晃)
Masakazu Izumi(Soko)
 
 


【主な役職】
茶美会グループ代表
《(株)ミリエーム、(株)創園、(株)タイムゲート 》
裏千家総務
(財)今日庵副理事長

(社)茶道裏千家淡交会理事長
(財)国際茶道文化協会理事長
(学)裏千家学園理事

中国天津南開大学客員教授、
天津商科大学客員教授
天津商科大学裏千家短期大学副理事長

京都府特別職報酬等審議委員
京都市基本構想等審議会委員
京都市「京都館」館長(東京)
財団法人平安建都千二百年記念協会常任理事
京都商工会議所第一号議員
京都商工会議所青年部会長(平成11年、12年)
京都経済同友会幹事
財団法人日本漢字能力検定協会評議員
日本文化デザインフォーラム幹事
米日財団理事

京都青少年ゆめネットワーク顧問
財団法人観世文庫評議員
財団法人京釜文化振興財団評議員
京響友の会副会長
日本景観学会名誉会長


裏千家15代家元鵬雲斎宗室次男。昭和33年6月25日生。京都教育大学附属高校から同志社大学文学部へ入学し、昭和56年同志社大学卒業。昭和60年8月裏千家の伝統により一家を創立し、伊住姓を興す。平成4年4月14日大徳寺管長福富雪底老大師につき得度、憺泉斎月澗宗晃(たんせんさいげっかんそうこう)の斎号ならびに安名を受く。

現在、社団法人裏千家淡交会理事長をはじめ、国際茶道文化協会理事長、財団法人今日庵副理事長、を務め、裏千家総務として茶道界の発展に尽くしす。また伝統文化を多面的にとらえる茶美会グループ代表として積極的に活動。
他に、中国天津の南開大学および天津商科大学の客員教授を務める等、茶道の国際交流の諸活動も行う。
公職では京都青少年活動推進会議会長、京都国際青年年委員会委員長、ゆめっと京都顧問、京都商工会議所青年部会長等を務め、京都府特別職報酬等審議会委員、京都市の「京都館」(東京)館長、京都商工会議所議員、日本文化デザインフォーラム幹事他、多くの公職につき広く社会的活動にも尽力した。

平成15年2月2日、逝去。

【主な活動】

1989年 相模原市 第二タカビル茶室「待光庵」設計・施工・監修
1990年 茶の湯のこころを現代に-新しい和菓子「ふのやき」開発
機能美の粋を追求した本格的調理道具「留庵」開発
1991年 華道池坊とのジョイントイベント「これからの花と茶の造形(かたち)」展プロデュース
和食にあう京都限定ビール「千年麦酒」開発(サントリー)
京都河村織物茶室「栄昌庵」設計・施工・監修
近江八幡市中嶌邸茶室「井蛙軒」設計・施工・監修
1992年 茶美会「然」展
茶美会の宴(金閣寺)プロデュース
新しい和の照明器具「はなさび」<松下電工>シリーズ「守・破・離」商品開発コンサルタント(1992年〜)
姫路城の茶室「双樹庵」設計・施工・監修
魚津市東京第一ホテル魚津茶室「翠松庵」設計・施工・監修
京都都ホテル茶房「四君子」の設計・デザイン
1993年 茶美会「素」展
ユネスコ主催・日仏文化交流「パリ大茶会」
クレージュ・イン・相国寺イベントプロデュース
遊にあらず芸にあらず-内田繁と浅井慎平作品展(東武百貨店池袋店)
日本デザインのインテリアファブリック「SABIEコレクション」<東リ>開発
現代のわびを追及した呉服「雪間の草」開発<細尾>(1993年〜)
金沢市大樋家茶室「芳土庵」設計・施工・監修
伝統技術に現代デザイン-用の美の道具たち「茶美会クラフト」開発
日本ブライダル産業振興協会設立に参画
1994年

「数寄の都ー京都未来空間美術館」展
建都1200年記念 三千家合同「平安大茶の湯」運営
「茶の湯シアター」(94年・95年、近鉄アート館)
現代感覚の干菓子「西洋東」プロデュース
川崎国際交流センター茶室「木月庵」設計・施工・監修
横浜市籬園ビル茶室「緑水庵」設計・施工・監修

1995年 「はなさび」エクステリアシリーズ<松下電工>商品開発コンサルタント(1995年〜)
東京都東亜火災海上研修所「愛宕荘」設計・施工・監修
東京都裏千家道場「梅庵」等、設計・施工・監修
1996年 和装「開花宣言」・「千年の翠」<大徳>開発 (1996年〜)
「日比野克彦アート・オブジェ」プロデュース
農林水産省河合村プロジェクト座長
1997年 「創園」設立
資生堂レセプションパーティー制作・運営
食のカタログブランド「式亭」プロデュース(1997年〜)
日本の造園文化を伝承する「茶美会ガーデンスクール」企画
観世文庫資料編集
滋賀県草津市黒川邸茶室 設計・施工・監修
ラ・セーヌ「12ヶ月のおもてなし」連載
1998年 NTT施設「鹿ヶ谷さびえ」プロデュースならびに設計・施工・監修・運営(1998年〜)
NHK教育テレビ「趣味悠々」はじめての茶会 客の心得 出演(8回シリーズ)
「茶の湯の小窓」(小池書院出版)
小笠原流禮法コンサルタント
福寿園コンサルタント
阪急茶の湯セミナー企画・制作
(株)大林組東京本社内茶室工事 設計・施工・監修
庭の本「創園」監修(ミサワ総研)
庭園の企画・設計・施工(1998年〜)

苔・置き庭などの造園商品の企画・開発・販売(1998年〜)
1999年 NTT文化コンテンツシリーズビデオ 企画・制作「京菓子の譜」「京のわらべうた」
書籍「茶花づくし」(講談社)編集顧問として監修

大阪市加賀屋新田 腰掛・東屋 明霞亭・偶然亭 設計・施工・監修
敦賀市船井邸茶室「鶴松庵」設計・施工・監修
京都市「京都館」(東京・赤坂)企画委員としてプロデュース

NTTドコモ音声ダイヤル「京都パスポートチャンネル」企画・制作(1999年〜)
松下電工照明「はなさび」シリーズ「かるみ」商品開発コンサルタント
茨城県民館造園
 設計・施工・監修
2000年 NHK教育テレビ「趣味悠々」茶の湯ってなんだろう出演(8回シリーズ)
「贅沢な食卓 懐石のこころ・フレンチのエスプリ」(淡交社)出版
本格和室「佳辰令月」コンサルタント(三井ホーム)
メリーチョコレート「OMOTASE」監修
日経ヘルス「エンプティの時間」連載
フランスのモード誌「JOYCE」の日本語版「JOYCE JAPON」にて「日本素描」をテーマに連載の企画監修(2000年〜)
松下電工感動デザイン研究会の企画
日本文化デザイン会議2000京都「光の茶会」プロデュース
ギャラリー創園 渋谷区代官山に開設
2001年

インターネット上にて和のポータルサイト「和の学校」開校
裏千家茶道普及ビデオ「お茶会に招かれて」企画・制作
「こんにちは」9月号 “隈研吾の10(じゅう)宅トーク8”に掲載 
「セブンシーズ」10月号 “京都、変革の系譜を継ぐ者たち” 取材記事掲載
「和楽」10月創刊号 “創刊大特集「海外で見つけた和」第三章”に掲載
「京都チャンネル」 “パートナー情報”に掲載

2002年

ニューヨークジャパンソサエティ、アジアソサエティにてニューヨークジャパンソサエティ、アジアソサエティ、財団法人国際茶道文化協会主催「The New Way of Tea」展チェアマンとしてプロデュース


【主な著書】
「茶の湯の小窓」(小池書院)
「茶美会その三 然」(淡交社)
「数奇の都」(淡交社)
「贅沢な食卓ー懐石のこころ、フレンチのエスプリ」(淡交社)

【茶美会とは】
「茶美会(さびえ)」は、茶の湯がもつその生活文化の広がりを、現代生活の中で蘇らせるべく行なっている活動の中から生まれてきた理念です。それは単に「茶道」の現代化ではなく、継承すべき伝統的な美意識や価値を、現代生活の中に現存させようとする試みです。
日本文化の中に 連綿と受け継がれてきた「知恵」や「感性」そして今ニッポンが忘れている様々な事象を思い出し、掘り出し、再生しながら、これからの文化と産業の新たな指針を形づくって行きたいと考えています。


和の学校TOPへ