身も心も空っぽにして、エンプティーな時間を過ごしませんか。

これはぼくのひそかな楽しみの体験記であり、

ひょっとして、読者のみなさんへは、

伝統文化へのナビゲーションになっていれば幸いです。


文 伊住政和   写真 小林廉宜
 

▲国語 伊住政和TOPへ

▲和の学校TOPへ