「和の学校」は2001年(平成13年)4月20日に開校しました。

それまでにも伊住政和が率いる茶美会(さびえ)グループでは、日本の文化をベースにした商品開発やイベントなどを行い、まさに日本の心を現代の暮らしの中に息づかせるべく、活動をしていました。

それらはすべて現在の、そしてこれからの「和の学校」につながるものと言えるでしょう。

ここでは、今までの「和の学校」につながる思い出のほんの一部と、これからの「和の学校」に託した伊住校長の思いの一部をご紹介いたします。



伊住校長の仕事風景 1999年頃
今もこの部屋は、伊住校長がちょっと外出したかのような形で残されています。