日本の伝統色100色
1-20(50音順)
| 1-20 | 21-40 | 41-60 | 61-80 | 81-100 |

江戸時代に流行した色名。
黒を染める時、藍で染色し、五倍子のお歯黒鉄で黒く。黒の中に藍の底色を見る。

江戸時代に流行した渋い色で文字通り藍色に淡い灰色をかけたもの。
ここでは藍染めのあとに矢車をお歯黒鉄で発色した。

空や海の色をあらわす場合と草木をあらわし緑系の色をさすこともある。
ここでは後者に準じて藍に少し黄色をかけた。

朽葉は本来の秋の落葉の色をさすが青がつくと、青紅葉のような緑系の色と思われる。藍と刈安 を掛け合わせて染めた。

文字どおり藍色がかかった墨色のこと。
松材を燃やして煤をとったものを松煙といい、青墨となる。
奈良時代からある

黄味の強い赤の色をいう。
延喜式に黄櫨九十斤に対しわずか茜色七斤を加えるとある。

蓼藍で染めた薄い藍色。花田と同じ。
延喜式では縹にカギって藍の単独で表している。
甕覗(かめのぞき)よりもやや濃い色か。

天然染料では単独で緑を出せないので、藍に黄をかける。
浅緑は蓼藍に黄檗をかけた薄い緑。延喜式では、中緑も同様に。

紫は高貴な色とされてきた。
特に濃い紫が尊ばれたが、淡い気品のあるもの。
これは紫の根で染めた薄い紫。

蓼藍で染めた薄い藍色。
葱という名称からしてやや緑がかった色の方がこの色名には妥当との説も。

インド亜熱帯に生息する豆科の植物。
タンニン酸が主成分で濃い茶色が得られる。
奈良時代から輸入、染料と生薬に。

顔料の朱を使う時に水でよく溶いた後、その上澄みを流して、もう一度練って使うもの。すこし黄身が抜ける。

紅花で染めた薄い色。平安朝で多く見られる色名。
一斤の紅花の染料で染めた故。
身分の低い人でも着られる許し色。

今はやりの色という意味。平安時代に好まれた紅色を使う。
物語に書かれた様子から一斤染より濃いと想定される。

鶯の鳥の羽に由来する。
かなり濃く暗い緑を表すと考えて、藍を濃く、淡い黄色の安石榴の皮を掛け合わせた。

生姜科の植物でカンナに似ている。
その根に黄色の色素が含まれている。
カレーの黄色もこれで、肝臓の薬に使われる。

加賀の梅染として有名で、お歯黒鉄で発色する黒と、標本のように明礬で発色した茶、石灰で赤味の茶赤梅染がある。

葡萄葛(えびかずら)別名山葡萄の実が赤紫色に熟した色をいう。
赤味の紫で紫草の根で染める時に、酢を使う。

中国の西の臙脂山で栽培されていた紅花の色に由来する。
後に南方から渡来したラックから採れる赤色の名に代わった。

楝はセンダンの古名である。
五月から六月にかけて薄紫の五弁の花をつける。
ここでは紫草の根で青味に染めた。

| 1-20 | 21-40 | 41-60 | 61-80 | 81-100 |