1946年4月2日、京都市伏見区に生まれる。
生家は江戸時代から続く染屋で、父常雄はのちに大阪芸術大学教授として教壇に立つとともに、世界の染色研究に没頭。とくに貝紫の研究は他の追随を許さないものであった。
伯父に日本画壇の重鎮、吉岡堅二がいる。



1971年

早稲田大学第一文学部文芸学科を卒業。
美術工芸図書出版「紫紅社」を設立。

1973年 紫紅社で、豪華本『琳派』(全五巻)、『根来』『正倉院裂と飛鳥天平の染織』『狂言の装束』『日本の髪型』など70冊におよぶ出版活動を行ない、さらに『日本の意匠』(全16巻、京都書院刊)、『雑誌 染織の美』(全30巻、京都書院刊)の編集長として、伝統美の集大成を編む。
また、電通や朝日新聞社の委嘱を受け、コマーシャル制作や編集制作、美術展覧会の催事企画なども行なう。
1988年 「染司よしおか」五代目当主を嗣ぎ、染師福田伝士と二人三脚で植物染による日本の伝統色の再現に取り組む。
1991年 奈良薬師寺三蔵院にかかげる幡五旗を多色夾纈によって制作し、きもの文化賞を受賞(財団法人民族衣裳文化普及協会)。
1992年 薬師寺「玄奘三蔵会大祭」での伎楽装束四十五領を制作
1993年 奈良東大寺の伎楽装束四十領を制作。
天平の時代の色彩をすべて植物染料によって再現して話題となる。

【主な著作】  
「色の歴史手帖」(PHP研究所) 「京都の意匠」(建築資料研究所)
「染と織の歴史手帖」(PHP研究所) 「京都町家 色と光と風のデザイン」(講談社)
エッセイスト青木玉氏との対談「きもの暮らし」
   (PHP研究所)
「自然の色を染める」(紫紅社)
「日本の色辞典」(紫紅社) 「京都色彩紀行」(PHP研究所)
「京のことのは」(幻冬舎) 「日本の色を染める」(岩波書店)

色の万華鏡TOPに戻る