室礼でおもてなしTOP 季節をかざる心をかざる おもてなししましょQ&A 三井ホームの本格和室
室礼でおもてなし
MAIL 暮らしTOP 和の学校
盂蘭盆会
仏教の盂蘭盆にちなむ先祖祭りのこと

 
真菰のござにキュウリ、ナス、蓮の葉の上にほうずき

現在は新暦7月に行われる場合と、その他の年中行事同様に旧暦7月として8月に行われる場合とがあるが、地域によっては1日や7日、あるいは23日からはじまるところもある。 13日の精霊迎えから16日の精霊送りまでの期間、盆棚を設けて精霊を祀るが、無縁仏への供養として別の棚が設けられ供物が用意されることもある。 

盂蘭盆会の室礼1 盂蘭盆会の室礼2
盂蘭盆会に用いられるまこものゴザに、キュウリ・ナスに割り箸をつけて馬や牛の乗り物に見立てたものや蓮の葉の上にほおづきを置き、燭台、水の入ったガラスの器を飾ります。

 盆行事の盆は、盂蘭盆(サンスクリット語のullambana)からきているとされる。ウランバナは倒懸(とうけん)を意味するといわれている。「仏教盂蘭盆経」によると、お釈迦様の弟子である目連が餓鬼道に落ちた母を救おうと、お釈迦様の教えにより、過去七世の父母のために百味の飲食を供えて衆僧に施し救ったという。
 また生見玉(生御霊)といって、健在な両親に食物を贈り祝うこともあり、これはお中元と呼ばれる贈答に結びついていると考えられる。
 精霊迎えは、迎え火を炊く。盆踊りは盆に訪れる神や霊魂を迎え、慰めるために捧げられたものである。精霊送りは、15日か16日の夕方遅くになってから行う。
 
ほうろくとおがら
盂蘭盆の迎え火として用いられるほうろくとおがらです。
脇には盆花として桔梗、萩、ほおづきを飾ります。
  
盆花桔梗、萩、ほうずき


七夕 由来 撮影モデルハウス